あけましておめでとうございます

隗(かい)より始めよ

 昨年は多くの仕事をいただき感謝いたします。本年もよろしくお願いします。

 

 お客様のご期待に沿えるよう、更に力をつけなければと感じたのは昨年後半。

 年末に研修で紹介された本を買い、読み始めたところです。知り合いの社会保険労務士は、既に持っていた本で、知ってる人は知っているという本のようです。事務所の職員には、信じられないと言われましたが、辞書みたいに厚いので、半分に切って持ち歩いております。

 基礎から見直していきます。

 

 「隗(かい)より始めよ」の隗は中国の政治家の名前です。大事業をするには、まず身近な事から始めよ。または、物事を言い出した者から始めよということ。

 燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたところからきています。「デジタル大辞泉から

 

 大事業でなくとも、なにかするには、基礎的な知識は、ゴール、解決への道のりは近づけます。忘れていたことを思い出すきっかけにもなるでしょう。どんどん変わる社会に対応するにも、大事です。

 

 ことわざを別の見方をすると、隗さんは売り込み上手です。自分を凡庸と言っておきながら、自分の意見を重要に取り扱ってくださいと言います。この点も見習わねばと思った次第です。