どぼじょ、トラガール

どぼじょとは、土木系の仕事に関わる女子のこと

安倍総理は女性が輝く社会を作っていきたいとたびたび言われています。

 

建設業界は、人手不足。

 ここでも、女性の活躍が望まれています。

 

 土木系の仕事(技術)に関わる女性を「どぼじょ」、女性のトラックドライバーを「トラガール」と巷ではいうようです。

命名にセンスがない等言われています。

 個人的には、「どぼじょ」は、濁点のある文字でできている言葉。きれいな音、スマートな感じに聞こえません。でも、耳に引っかかる、耳に残る言葉になるので、「どぼじょ」は、アリだと思います。


 

大手企業や役所の「どぼじょ」は増えているようです。

しかし、私の周りの中小企業では、まだまだ少数派。

経営者が女性である、親、親族が建設事業を経営する会社で女性技術者として働いている方が多いです。またどっぷり土木建設会社より、建築、内装関係の会社の「どぼじょ」が多いように思います

 

また、知っている女性技術者の多くは資格をとり、会社、仕事に貢献しています。

 

一方で、元請会社や他社の技術者、労働者と、良好な関係を保てるのか不安で、採用をためらう事業者があるのも事実。

 

なにはともあれ、「どぼじょ」の名前が建設業界をアピールし、多くの人に建設の仕事に就いてもらえれば大成功。また注目されることで、多くの現場、会社の労働条件がよくなれば、もっと嬉しいです。また、女性でも、男性でも、なりたい職業に就くチャンスが多い社会になればよいと考えます。

 

建設業許可の相談、申請は関原事務所へ ℡047-341-7427