建設機械

 経営事項審査(略して経審)では会社が保有、リースの該当の建設機械15台まで加点対象になります。

 申請の前々日に忘れ物がないか確認していたところ、不備発見。建設機械のうち、1台の特定自主検査(略して特自険)の表、総合テストの良の欄にチェックが入っていません。備考欄に修理が必要と書かれています。

 

 経審では、総合テストが「良」でないと加点されません。

 

 すぐに千葉県庁に電話。「検査時に「良」でなくても、その後修理して動くことを確認した書類があれば、加点対象となります。」と言われました。

 

 申請する会社に確認すると、既に修理済み。こちらの会社はやることが、いつも早いのです。修理した業者の証明書類を翌日いただきました。建機1台あきらめずに済みました。

 

 認められる建設機械

・ショベル系掘削機械

  ショベル、バックホウ、ドラグイン、クラムシェル、

  クレーン又はパイルドライバーのアタッチメントを

  有するもの

・ブルドーザー

  自重3トン以上のもの

・トラクターショベル

  バケット容量が0.4立方メートル以上のもの

 

千葉県の経営事項審査のページ