社会保険、雇用保険の未加入業者への指導

社会保険、雇用保険の未加入建設業者への指導

3月13日、東京都の都市整備局で社会保険、雇用保険の未加入建設事業者への指導について聞いてみました。

 

・許可更新、業種追加申請等の際に未加入であれば、書類提出から4か月後くらいに保険加入状況の確認と加入を指導する文書を事業者へ送る。

・未加入が続くのであれば、再度文書を加入を求める文書を再度送る。

・厚生労働省の担当部局に通知する。

・その後も未加入ならば、建設業法による処罰、保険への強制加入が考えられ、加入の条件を満たすなら、さかのぼって2年分の保険料の支払いが求められる場合もあるかもしれない

 事業者自ら進んで加入の手続きをして欲しいと言われていました。

 

 実際には、11月から始まったばかりで本格的な指導はこれからです。保険の加入は法律で義務付けられていても、保険料は、会社には大きな負担。給与の見直しを含めて考えていかなければなりません。

 

社会保険未加入事業者使用で指名停止