建設業の許可を受けたい

建設業許可(新規)を取得する費用は?

法人の場合で試算すると以下のようになります。

 

知事許可を新たに受ける場合の例  

許可手数料:新規で一般知事許可の場合      9万円

登記事項証明書(履歴事項証明書、閉鎖事項証明等)

       役員在籍期間等により必要な数が変わる 700円×枚数分

被成年後見人および被保佐人登記されていないことの証明 

                   300円×役員の人数分

身分証明書(本籍地市町村で発行)  

  各市町村で異なる     松戸市の場合    300円×役員の人数分

住民票(本籍地記載)

      各市町村で異なる  松戸市の場合   300円×役員の人数分

法人事業税納税証明書 千葉県知事許可の場合   400円 

  (法人の新規設立で最初の決算期が未到来の場合、不要)

 

 役員3人(監査は除く)でそのうちの1人が経営業務の管理責任者、他に専任技術者がいるケースだと93,800円になります。おおよそ10万円かかります。

                    (H25.3調べ)

 

 事務所の所有の登記が無い、本社以外に他に営業所がある等には他にも書類が必要となり、その分経費もかかります。

 

 証明書は申請時の発行後3か月以内のものが有効です。提出するめどが立たないうちに、役所に取りに行くと、 申請日には3か月経過し、再度役所へ取りに行く必要がでてきます。ご注意ください。

 

関原事務所では知事の新規許可取得は、

かかる費用をのぞき10万円から手続きの代行をいたします。

 

ご相談は関原事務所まで

047-341-7427