建設業の許可を受けたい

社会保険等のこと

 建設業は他の業種に比べ、社会保険等の加入率が低いため、平成24年11月より新規の許可取得、許可更新、業種追加等の申請時に、社会保険等の加入状況を記載する書類が追加されました。

 しかし、社会保険に未加入であっても、許可を出さない、すぐに許可が取り消しになることはないようです。申請書類を提出後、しばらくの期間があって調査があり、再度加入状況を確認します。それまでに社会保険に加入する義務のある事業者は、社会保険等に加入手続きをすれば、問題なしのようです。

東京都の話は、こちら

 

 許可の更新は5年ごと。5年間で許可をもつ該当業者すべてに社会保険等の加入推奨していくことになります。

 

関連:社会保険、雇用保険料について

   年金事務所のジレンマ

         年金事務所の調査

   建設国保と協会けんぽ