建設業許可取得の後の手続きは?

建設事業を継ぎたい、継がせたい

 家族経営の会社では、ご子息、ご家族等が建設業を継ぎ、建設業の許可の「経営業務の責任者」に就任するケースが多いように思います。そこで問題になるのが、取締役であった期間の証明です。建設業許可の「経営業務の管理責任者」になるには、5年以上または7年以上建設業の経営に携わった役員(取締役等)であったことの証明が必要です。証明には多くの場合、登記事項証明書を使います。もし近い将来、事業を継ぐのならば、建設業許可のため、取締役への就任を考えていきましょう。 もちろん、条件に合う方がいれば、ほかの役員がなってもかまいません。

                                 

経営業務の管理責任者の要件

事業継承 三代目の話