入札参加資格審査申請

有効な経営事項審査結果の総合評定値=P点がある場合に、申請できます。

 

各自治体ごとに、P点に加点される項目があります。

 

例えば、平成28・29年度千葉県の場合、新規卒業者の継続雇用、障害者雇用(障害者雇用報奨金を受けている)、建設業労働災害防止協会への加入等が加点項目となります。

 

千葉県、松戸市、流山市、柏市等の千葉県内の自治体の公共工事を受注したい場合、千葉県共同電子自治協議会に申請を行います。2年に一度の多くの自治体を対象にしたものと、個別に行う随時申請があります。千葉県共同電子自治協議会に参加しない千葉県内の自治体については、各市町村に確認してください。

 

茨城県は、県と多くの市町村が参加する一括申請と、個別の自治体ごとの申請があります。

各自治体に問い合わせてご確認ください。

 

国土交通省等の省庁やUR(都市整備公団)等の工事を受注する場合は、2年に1度の一括申請を行うか、随時申請の場合、各省庁、団体に個別に競争参加資格審査申請します。

 

参加資格申請に申請後、各団体の工事等の受注可能な業者として名簿に名前が載ります。

 また、P点に加点項目をいれて、各団体が工事業者をランク分けされた結果通知書が届きます。

 

その後、ランクごとに公共事業が発注され、競争入札が行われます。

 

大規模な工事においては、低いランクの事業者は工事の完成を担保出来ないため、入札に参加できません。

 

建設業者がランク分けを考え、「土木工事のP点は●●○点以上は欲しい」と言われるのは、そのためです。

 

経営状況分析申請

経営事項審査申請

初めての入札までの流れ

 

 

 入札参加資格申請のご相談・申請は関原事務所まで ℡047-341-7427