厚生年金

厚生年金保険

公的年金の一つ。

厚生年金に加入事業者に勤める週30時間以上働く方が加入します。

 

老後、厚生年金保険法該当する障害を負った際等に支給されます。

 

厚生年金の保険料は、会社と労働者負担します

70歳まで加入できます。

 


 

 建設業という危険を伴う仕事柄、労働者の安全、個人差はあっても体力の衰え、危険時のとっさの動きが鈍るため、個人差はあれ、70歳以上の高齢者になると、現場で働き続けることが考えにくいのです。

 

寿命が延び、働けなくなった時に公的年金(国民年金・厚生年金)で生活費を補填します。

年金制度は1階を国民年金、2階を厚生年金として2階建ての建物としてあらわすことが多いです。厚生年金は、報酬比例部分と言われ、加入時の給与額に比例して納めた保険料に合わせて支給されます。

 

また国民年金(老齢基礎年金)の受給資格期間が10年に短縮されます。

それに伴い、平成29年9月分から受給できる人が増えます。