労働者死傷病報告

労働者死傷病報告の略図

労災事故が起きた際に労働基準監督署に労働者死傷病報告を提出します。

 

提出先は、被災労働者が所属する事業所の管轄の労働基準監督署が原則です。工事の場合、工事現場の管轄の労働基準監督署です。

安全衛生課へ提出します

 

建設業で自社が下請としてかかわる工事で事故が起きた場合、労働保険番号は元請会社の番号を使用し、死傷病報告に記入します。

提出の義務は、被災労働者を直接雇用している会社にあります。

 

労働者死傷病報告(休業4日以上)の作成時に困るのは、略図。

絵が得意でないので、このような略図(我ながらひどい)を書いて提出しています。

 

今まで監督署に提出後、略図の書き直しを言われたことはありません。しかし、事故の状況を聞かれたことがありました。その時の図は、役に立っていなかったのかもしれません。

 

監督署の方に聞くと、別紙で写真を添付する事業所もあるようです。管轄の労働基準監督署に電話で聞いてみてもよいでしょう。

 

少しでも、事故発生の状況がわかる手助けとなれば良いと考えます。

 

 

筋肉痛で訴えてやると言われた社長

社会保険未加入事業者使用で指名停止

 

 

労災申請のご相談、申請代行については関原事務所まで 047-341-7427